俺?CEOだよ。社員いないけど

めんどくさいことばかり考えている26歳起業家「FL G4ng」の日記。頭の整理のためにゴミを投下します。

【超初心者向け】トレーニングジム初心者に教えておきたいこと Part 2【ジムガイド】

 

こんにちは。前に書いたジム初心者の方に向けた記事が意外にもずっとアクセスされているようなので、2年ぶりくらいですが続編を書いてみることにしました。前回の記事はこちら。

akiokio0115.hatenablog.com

前回はジムに入会した方がまず何をするべきか、何をしてはいけないかの最低レベルのお話をしました。そして今回の記事は、入会して何回か行ってみた、感覚は掴めてきた、もしくは何回か行ったけど「何すりゃいいのかよくわかんねー、退会しようかな」って人に対するアンセムにしようと思います。これまで後者パターンを腐るほど見てきた僕としては、そういう人にこれを読んで少しでも興味を持ち直して貰えれば幸いです。

現在人類最強と言われているフランシス・ガヌー兄貴

f:id:Akiokio0115:20171213235254j:plain

 

全然身体変わらないんだけど・・・

 

はい、もうあるあるすぎる感じですが、正直な話、身体はそんなに簡単には変わんないですよ。特に、服を着た状態で他人から体型が変わったと言われるには結構な労力が必要です。よく「とりあえず3ヶ月やったら変わるよ!」というトレーニー(トレーニングする人をこう言います)がいますが、その3ヶ月ってアンタたちの鬼トレ基準じゃない?って僕は疑問に思っちゃいます。そんなの初心者が真似できるはずねーって(ただし、パーソナルトレーナー付けてガッチガチにやればいけると思います)。ちなみに体育会出身の人なら3ヶ月で十分かと。鍛え方も知ってるでしょうし、元々筋肉あるでしょうから。でもそうじゃない人に向けて僕は書いてますんでね!


それと、本当に短期的に痩せたいと考えてるなら食事を見直した方が全然早いです。「一ヶ月ジム通ったのに痩せやしねぇ!!」とか、それジムのせいではないです。

 

要するに何が言いたいかっていうと、「あなたのトレーニングの目的はなんですか?」ということをある程度明確にする時期が来たということです。ただただ痩せたいのか、痩せマッチョになりたいのか、普通を維持したいのか、筋肉をつけたいのか。ただただ今痩せたい人はひたすら有酸素運動と食事管理ですね。僕にはその価値観は理解できませんが。身体を変えたいなら、ただなんとなくジムに来てマシンをちょこっと触って帰るだけじゃ1年通おうが絶対無理です。ちなみにプロテインを魔法の粉だと勘違いしているどうしようもない人もいますが、実際飲んでみてもいいかもしれません。魔法なんて全く存在しないことがよくわかるでしょう。

どこを鍛えるか考えよう

最近ウエイトエリア(知らない人は前回の記事読んでね)でスクワットやヒップスラストを行う女性を見かけることが多くなりました。マジでこの状況、信じられないです。ウエイトエリアはなんというか、男の園という感じでしたから、ずーっと。要因としては今流行りの尻トレが多分にあると思います。

 

(極端な例ですけどね・・・)

f:id:Akiokio0115:20171214004732p:plain

 

で、僕はこの立派なお尻を見て欲しいわけではなくてですね、その尻トレに励む女性たちは目的が非常に明確だと言いたいのです。


たとえジムに長居するにしても、一日で全身を鍛えるのはちょっと難しいです。疲れるし、集中力も持ちません。最長でも90分くらいでしょうかね。


なので、尻トレのように鍛えたい部位を考えて(腕、脚、胸、腹筋、背中、肩など)、それぞれ別でやるといいと思います。週2回ジムに行けるとしたら、その2日は「胸と肩と腕の日」「脚と背中の日」みたいな分け方で鍛える部位を明確化していくわけです。あ、腹筋は家でやってくださいw

初心者の人はよくマシンをカシャカシャやってますが、それどこ鍛えてるかわかってやってんのかなと心配になります。どこの筋肉を使ってるのか、薄ーくでもいいので考えてみて欲しいです。実は筋トレってキツい(かっこつけて重くしてやった時とかね)と違う筋肉を使ってやってしまうことが多々あるんです。尻トレ一生懸命やってたら腹筋割れるみたいな悲劇(と僕は思わないけど)もありえます。

なので、「今日は肩やるぞー」と決めたら、肩のマシンなどで肩に疲労感を与えるのを目標に頑張るわけです。尻トレなら尻とか腿裏ですかね。

 

最後に

また時間あるときに続編書きたいと思います。僕は最近まで筋トレしまくって炭水化物食べまくって増量したんで、今減量してます(最高で70kgまでいって冷や汗出ました)。早く5kgくらい落として炭水化物ガッツリ食いてぇー。