俺?CEOだよ。社員いないけど

めんどくさいことばかり考えている25歳起業家「黒なんとか」の日記。頭の整理のためにゴミを投下します。

E-girlsの新曲All Day Long Ladyについて色々考えてみる

 

 

どうも、僕です(©くりぃむしちゅー有田)。

 

 

この前もE-girlsについての記事書いた気がすんなぁ。ファンでもなんでもないんですが、やはり今の邦楽で1番Popsのトラックメイクの才能が結集しているのはLDH(エグザイルの事務所です)だと思うので、勉強だと思ってチェックしています。

 E-girls / All Day Long Lady

www.youtube.com

 

おぉ...MVの金のかかり方すごい...

 

まず一回目の視聴して。「微妙な曲ぶっこんだな...」

二回目。「いや、でも流石だな。ちゃんと世界の流行り取り入れてるわ」

三回目。四回目。五回目・・・。

 

「良い曲では?」

 

はい。チョロいですよ、僕は。

トラックについてはちゃんとした環境でまだ聴いてないので、わからんです。ラップトップでサクッと聴いただけなので。後でiTunesでしっかり聴きます。誰が作ったかは、調べても今んとこまだわかりませんでした。ピンクシャンパンの時と同じでワンチャン外人だと思ったりしたんですが、どうでしょうね。こういう抑揚の少ない曲は外人だと思うんだけど...まぁ勘です。僕には逆立ちしても作れない曲なのは間違いないっすね。こういう音の洪水みたいな曲の引き出し無いです。死。

 

さて、曲全体、主にメロディーについてですが、正直これはウケは良くないだろうと思いました。これはE-girlsに限らず最近のLDHの楽曲全般に言えるかもしんないですが、ボヤッとした表現を使えば、トラディショナルな邦楽という要素を切り過ぎでは?ということです。

 

世界を見据えているのか?でも世界にしては日本すぎるし、日本向けにしてはウケ悪そうだし...。

 

僕は邦楽Pops聴くときYou Tubeのコメントをかなりチェックするんですが、特にLDHのファンは楽曲に対して結構シビアなコメントが多くてビビります。この曲のコメントもきっついです。

 

「最近Egの曲迷走しててよく分からない。昔みたいに聴いた瞬間ハマる曲がない」

 

「作曲家変えた方がいいと思う」

 

「世界意識して日本のファンが離れたら本末転倒ですよね」

 

「楽曲ありきでのファンは最近のE-girlsやLDH系の曲は終わってると感じてる人もいるんじゃないかな」

 

 

おぉ...お手厳しい。僕が作曲担当者だったらヤケ酒直行ですわ。ちなみに作曲家はたぶん毎曲違いますよ。このレベルのアーティストの曲が思考停止で大物作曲家に依頼されて書かれている的な話は無いはずです。

 

 

悪いコメントばかりピックアップしてしまいましたが、もちろん褒めているものもあります。そしてこの曲のトラックはやっぱレベル高いです。色々仕事が細かい。流石や。

 

 

でも無礼を承知で言わせてもらうなら、この暗黒期を抜け出すには、世界レベルの曲で批判も一気に跳ね返すか、もしくはトラディショナルな路線に戻すか、もしくは...なんだろう。なんにせよ、こういう路線に舵をガッツリ切るなら、今までのファンはどんどん離れていくんだろうとは思います。そうなると、新しいファンを獲得できるかどうか、という戦いですかね。今を過渡期として、我慢してじっくりビッグプロジェクトに建て直すのかなぁ。

 

 

結局大した考察にならず。おやすみなさい。