読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺?CEOだよ。社員いないけど

めんどくさいことばかり考えている25歳起業家「黒なんとか」の日記。頭の整理のためにゴミを投下します。

母親のトラップにより朝からリバースした話

雑記

 

どうも、僕です(©くりぃむしちゅー有田)。

 

日々忙殺される中で僕たちが避けて通れない問題、それは両親の老い。頭も身体も、いつの間にか自分が思っていた両親のものから衰えていく。そしてその衰えは時として、思いもよらぬ形でこちらに牙をむくのだ。


 

プルルル、プルルル(Line)

 

母「あーい」

 

俺「なんかクール便送った?ポストに不在票あったからさ」


母「あー、言うの忘れてた。北海道のじいちゃんばあちゃんから雲丹とか帆立送られてきたから分けてあげる。帆立はカレーにしといた。早めに食べて」

 

俺「Thanks Mom。早速明日の朝はカレーキメるわ」

 

〜翌朝〜


俺「(なんか朝カレーってテンション上がるな。いつもシリアルとかばっかだから)」


炊飯器ポチー


そしてカレーの入ったジップロックを冷蔵庫から取り出す。凍っていてカッチカチなので中身はほとんどわからず。


俺「(レンジの解凍モードで放置しときゃOKやろ。シャワー浴びてこよ)」


〜優雅なるシャワータイム〜


俺「よっしゃー帆立カレーじゃー!!」電子レンジパカー

 

 

 

 

 

f:id:Akiokio0115:20160625014805p:plain

 

ホゲェェェェェェェェェェェェェェェェェェ

 

 

え?なにこの臭い。獣?生の獣?めちゃくちゃ臭いんですが?

 


頭が突然の激臭に追いつけず、胃酸がせり上がってくるのを喉元で感じる。カレーが入っているはずのレンジを開けたら獣の臭いが充満していたのだ。そりゃ吐きたくもなる(冗談抜きに吐きかけてトイレ駆け込んだ)。


俺「あああああああぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!(Line起動)」


プルルル、プルルル


母「あーい」

 

俺「カレーを温めたら獣の臭いがするんだけど?


母「は?」

 

俺「これどう考えてもカレーじゃないでしょ!どういうこと?これなに?マジで臭いやばすぎて電子レンジ死んだんだけど!?」


母「・・・あぁー、それ生のホルモンだわ。しかもお父さんしか食べられない、めちゃくちゃガチの臭いホルモン」

 

俺「カレーとホルモン間違えるってどういうこと????????これテロだろマジで。電子レンジもう開けられないんだけど」

 

母「ソーリーソーリー。まぁ人間間違いはあるから。食べられないなら捨てて。じゃあね」

ツーツーツー



 

f:id:Akiokio0115:20160625022310j:plain

 

えぇ、一口食べて全部捨てましたよ。無理でした。焼いても完全に獣でした(ちなみに焼き肉とかなら内臓むしろ大好き人間です)。 ホルモンとカレー、似てるのかな。フォルム的なやつが。うん。