俺?CEOだよ。社員いないけど

めんどくさいことばかり考えている25歳起業家「黒なんとか」の日記。頭の整理のためにゴミを投下します。

【シーズン6第9話】そろそろクライマックスに突入するGame of Thronesをアンチスターク視点で総括する

 

どうも、僕です(©くりぃむしちゅー有田)。

 

全世界を魅了するGame of Thrones(ゲーム・オブ・スローンズ)。もうそろそろシーズン6も終わり、中の人がインタビューで言っていたことが本当だとしたらあと10話程度で完結することになるはずです(俺は絶対無理だと思うんだけど...)。シーズン7、シーズン8で合わせて10話で終わらせると言ってましたから。たしかね。

 
さて、このドラマを見ていて僕がどうしても嫌いなものがあります。それはこのシリーズに一貫して残り続ける「ネッド・スタークの精神」。

f:id:Akiokio0115:20160620224322j:plain



シーズン1で死んだくせに、彼は善、道徳の象徴のように物語に居座り続ける。そしてそれを引き継ぐ家族たちは次々と賢く残虐なライバルたちに敗れ不幸になっていく。


僕はスターク家が窮地に追い込まれる度に「早くネッドの思想を手放せドアホウ」と思いながらイライラしていました。悪を恨み、政争から程よく距離を置き、体をよく鍛え、弱者に優しく...キレイ事ばっかぬかしてっから殺られるんだよ。ジョン・スノウ何回死にかけてんだよ...。野人のトアマンドでさえ察知したラムジー・ボルトンのわっかりやすい罠に引っかかったときは本当にガッカリしました。お前も親父と同じく犬死するのか、と。まぁ結果オーライですが。

 

f:id:Akiokio0115:20160620233354j:plain



いや、ネッドの思想を全て手放せとは言いません。ただ、なんというかその思想をアップデートしてほしい。生き残った数少ないスターク達の手で。

いずれにせよ、スタークはやはり王の器にはないと思う。デナーリス、インプ、ラニスター家、タイレル家(は微妙か)などなど、そこらへんのメンツと比べるとやはり温い。国の統治経験も浅いし、戦争経験も少ない。まぁジョン・スノウやアリアが王になりたいとも思えませんしね。今後はどこかの国に合流する形で、北の統治者として落ち着くのがベストでしょう。今やダヴォス、魔女、リトルフィンガー(信用あんまできないけど)、そして忘れてはならないサムが、バカなジョンとサンサのお守りとしていますから。あと叔父のベンジェンが生きているのも中々Goodです。ちなみに、アリアは「死なない」ことが原作者によって唯一保証されているキャラクターらしいですね。今んとこ死のうが死ぬまいがあんまり話に影響なさそうですが...。

あと、ジョンの母親の正体がハイパーサイキック小僧ことブランによって明かされそうな感じがしていますが、そこらへんどうなるんでしょうか。


僕としてはジョンはやはりデナーリスに合流してほしい。僕はインプが最高に好きなので、インプがデナーリスとてっぺんを獲るのを楽しみにしています(とか思ってるとインプをサッと殺してきたりするんだよな、このドラマ)。ラニスターとの全面戦争になったら最高ですね。仲の良いラニスター兄弟が殺しあうのは見応えありそうです。

f:id:Akiokio0115:20160620234745j:plain


サーセイとタイレル家はあんまり興味ないっすね...。急に信心深くなったマージェリーがどんな策略を練ってるのかは楽しみですが。あと、破壊神と化したメカマウンテンを止めるのは誰なんでしょうか。僕のお気に入りキャラのオベリンを殺したクソ野郎ですから、僕はマウンテン超嫌いです。好きな人いないだろうけど。


ゲーム・オブ・スローンズ 第六章: 冬の狂風 ブルーレイ コンプリート・ボックス (5枚組) [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2016-11-16)
売り上げランキング: 168
 

最後に、基本的に影が薄いですが個人的に今後気になるのが「マーテル家」です。さっきも言いましたが僕、オベリン・マーテル好きだったんですよ。はい、あの一騎打ちで頭蓋骨粉砕された彼です。

f:id:Akiokio0115:20160621000113j:plain

 

彼は作中ではあっさり死んでしまうのですが、チャラい男のように見えて実は武力に長け、静かな知性を持っていました(そんな気がする)。僕は彼にインプに通じるものを感じたんですよ。

そんなマーテル家が支配するドーンは今、彼の意思を継いだ愛人と子どもたちによって新しい国になろうとしています。

 

f:id:Akiokio0115:20160621000929j:plain


残りの話数を考えると彼女らに大活躍はあまり期待できませんが、なにかしらのインパクトを残してくれるのではないかと期待しています。では、こんなところで。


〈追加〉

一夜明けた今朝の海外紙をチェックしていると、Timeに気になる記事がありました。

ラムジーのサンサへの最期の言葉「俺はお前の一部だ」とはなんだったのか

time.com

 

僕はそのシーン視聴時「負け犬がなんか気持ち悪いことほざいてる」と思ったものの特に考察などはしていたかったんですが、どうやら「サンサがラムジーの子供を孕んでいる」説と「猟犬にラムジーが食い殺されるのを見て微笑んだことからも、サンサはラムジーのように心が汚れてしまった(ラムジーの精神の内部化)」説で分かれているようです。

僕としては前者が非常にしっくりきます。後者は....うーん、元々サンサって性格悪くね?あんまスタークっぽくないというか、女性らしい女性という感じ。しかし前者が本当だと考えると「中の人はどんだけスターク家いじめるんだ?」と少し同情してしまいます。産んでも、またジョンのような一族から敬遠される悲しい人間が1人増えるだけのような気が。