俺?CEOだよ。社員いないけど

めんどくさいことばかり考えている25歳起業家「黒なんとか」の日記。頭の整理のためにゴミを投下します。

真夏のBBQ合コン攻略戦

 

どうも、僕です(©くりぃむしちゅー有田)。

 


昨日はクソ暑い中BBQ合コンに駆りだされ、何度も「帰って曲作りてぇ」と思いながら肉を焼いてました。グリルあっつい。夏の真っ昼間にBBQってやっぱアホだよ。

 
朝から駆りだされたのでほぼ徹夜で(僕は北米リズムに合わせて生活しないと仕事にならないんです)ボーーッとする頭を酒で紛らわせながら他愛もないことを話していたんですが、そんな中で色々反省点を見つけたのでここに記しておこうかな、と。やっぱ事前に少しでもミーティングしておくのが最高ですね。反省しかない。



➀ 焼くのを一人に押し付けない

今回は大学時代の先輩が幹事だったんですが、彼はBBQ道を突き詰めている謎の男でして、今回もほとんどの作業をやってくれました。でも今思うと、幹事が会話に参加しないことで場が回りにくくなっていたんですねぇ。他メンバーは完全に赤の他人なわけですから。

それに、僕としても先輩がずっと色々やってくれているのに自分は何やってんだ?という気持ちがどうにも頭の片隅に残って話に集中できない。さっさと頃合い見て交代を申し出ればよかった。そもそも事前に交代制にしておくのが1番フェアかもしれない。

「交代なんて当たり前じゃね?」と思うかもしれませんけど、今回はそもそも先輩の「BBQ練習したい」という謎の願望を叶える会だったので、「思う存分焼かせたほうがいいのかな」と思って言い出しにくかったんです。やっぱ事前に聞いとくべきだ、そこらへん。


➁ タイミングがバラバラで集まる場合、事前にある程度の参加者情報を公開しておく


今回は開始時間が早かったこともあり途中参加者が多かったんですが、一々人が来る度に自己紹介するのはなんだかバカバカしい。今回のように2人以上が別のタイミングで来る場合、幹事があらかじめ参加者の基本情報(年齢、どこで働いてるか、他の参加者とどういうつながりか)を全員に共有させておくのが好ましいかもしれない。というか、毎回そうあるべきでさえあるかも。

あと、遅れてくるのは自分は避けたほうが良いと思いました。後から来るのが許されるのはよっぽどの美男美女かな。前後の会話の文脈を必要としないような。

 

 

おまけ

30℃以上の環境でBBQやるの地獄すぎるからやめない?