俺?CEOだよ。社員いないけど

めんどくさいことばかり考えている25歳起業家「黒なんとか」の日記。頭の整理のためにゴミを投下します。

6/15現在の最新洋楽をチェックしてオススメのものだけ紹介します【やっぱThe Temper Trapは天才だったね】


どうも、僕です(©くりぃむしちゅー有田)。


気にしていないとどうもニューリリースのものをチェックするのが疎かになってしまいますねぇ。ブログの記事にするという理由付けでもいいからツキイチくらいでチェックしていたいものです。さ、くだらない前置きはこれぐらいにしてさっそく見ていきましょう。

 1. Way Down We Go / Kaleo

f:id:Akiokio0115:20160615165818p:plain

 


アイスランドの4人組バンドKaleoの6/10発売のアルバム「A/B」からの一曲。歌姫Bjorkの故郷でもあるアイスランドからまた新たな才能が生まれたようです。軟弱さとはかけ離れたスモーキーな天才的ボーカル、素晴らしいです。今回のチェックで1番気に入りました。




2. Bacon / Nick Jonas

同じく6/10発売のアルバム「Last Year Was Complicated」からの一曲。かつて一世を風靡した兄弟グループ、ジョナスブラザーズの生き残り。どうやらアイドル路線とはオサラバして本格派路線にシフトしたようです。最高峰のスタッフが揃っているだけあって、音は最高に良いです。最新のPop Musicの音を味わいたい人はどうぞ。

 

3. LUV / Tory Lanez

 

10代の頃から知る人ぞ知る天才だったアメリカ人ソングライター(トロント生まれらしいから微妙)Tory Lanezの6/10発表の一曲。23歳だそうですが、これからどこまで上り詰めるんでしょうかね。

 

4. Fall Together / The Temper Trap


6/10発売のアルバム「Thick As Thieves」からの一曲。
俺信じてたんだよね、こいつらの才能が一枚目で終わるはずないって。

わけわからない人に説明しますと、彼らは一枚目にすごいアルバム(2009年発売)を出してしまったオーストラリアのバンドでして、その後勢いが中々続かなかったんですよ。このバンド、アジア系のボーカルの独特な声が武器の一つです。やっぱり声質がかなーーーーーーり違うんですよね、多くの白人バンドとは。

それにしても本当に良い曲。なんかさ、日本人にも訴えかけるメロディセンスあると思うんですよ。カムバックおめでとう。

 

 

はい、今日はこんなところでおしまいにします。ではまた。