読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺?CEOだよ。社員いないけど

めんどくさいことばかり考えている25歳起業家「黒なんとか」の日記。頭の整理のためにゴミを投下します。

【大学院進学】勉強してぇ。勉強してぇよ。

 

どうも、僕です(©くりぃむしちゅー有田)。

 


実家にあった本を100冊ほど減らしました。もう電子書籍がメインだし、昔少しかぶれた政治系の本とかもう一生触らないだろうと思い処分。一部は、10代の頃高校を辞めて地元でゴミのように燻っていた自分に学問という道を提示してくれた本たちです。感謝。

 
さてさて、現在は午前3時。街は寝静まっていますが、僕は日課の寝る前のはてブチェックタイムです。そして一つ、僕の心をざわつかせる記事を発見。

 

taketo1024.hateblo.jp

 

ただただ羨ましい...

 

僕は自分で起業してから大学に入ったので、ずーーーっと学業と両立してビジネスもやっている感じでした。中途半端者です、ほんとに。ゼミの先生は「その両立、すごく武器になると思う」と言ってくれていたので「もしかしたら大学院行っちまおうかな」なんて考えたときもあり、実際先生に相談したこともありました。


しかしその両立をこなしているつもりが結局はビジネスに偏っていき(両立できるほど世の中甘くなかった...)、あっという間に大学院への努力はしなくなっていきました。卒論を出した時先生に「このテーマならこのまま大学院で続けても全く問題ないよ」と言ってもらっても何も言えなかったのが鮮明に思い出されます。我ながら今でも面白いテーマだったと思います(人々の都市間移動に関するものです)。


今も毎日忙しくとてもじゃないけどガチの大学院に行けるとは思えませんので、間違った判断ではなかったと思います。でも、やっぱ心残りが...あるのよね。


だから、こういう記事を読むと「まだ俺にもワンチャンあるのかもしれない」とか思ってしまうんです。


いやー、でも大学院って修士で終わるにしても2年ですよね。2年勉強に没頭...会社潰れるし個人的にも破綻するわ

 

 

しかし万が一、この先チャンスが出来るかもしれない。貯金はしておこう。マジで。



最後に。「大学院なんか行ってなにすんのー。社会でなんの役に立つっちゅーねん」と思う人もいるかもしれないけど、大学院で学んだ高度なことを活かす場所が無いなら自分で作ればいいんですよ。これは起業から学んだことです。では。