読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺?CEOだよ。社員いないけど

めんどくさいことばかり考えている25歳起業家「黒なんとか」の日記。頭の整理のためにゴミを投下します。

【継続は力なり】継続することは、かくも難しいことかと最近身にしみた

雑記

 

 

どうも、僕です(©くりぃむしちゅー有田)。


よく「継続は大事」って聞くじゃないですか。正直子供の頃は言われても「うーっす」って感じで聞き流してましたし、むしろ最近までそうだったような気がします。意味はわかっていても、骨身には染みていなかったというか。

でも段々歳を重ねるごとに「継続することの難しさ」を実感し始めまして、最近では「なるほどねぇ、継続、しないねぇ...」と中尾彬のような顔で顎をさすっています。

 

最もありきたりな助言の一つ「継続は力なり」ですが、僕にこの言葉の重さを教えてくれたのは前に紹介した恩師でした。


彼は僕と2歳かそこらしか変わらないのに、何年後かに「あー、なるほど。彼が言っていたことはこういうことだったのか」と僕が膝を打つような金言をくれるんです。


何年か前の話になりますが、確かちょうど彼が海外の大学院に在籍していて日本に一時帰国したタイミングで、久しぶりに再開したんですよ。

「ノルウェーでは全然みんな傘をささないんだよねぇ」

と言いながら彼も傘を持たずに雨に濡れていたのをよく憶えています。


その当時、僕は経済学を学ぶのが面白かったこともあり海外の大学に留学するのもありだなぁなんてことを彼に相談していたんですが、

「英語をガチで勉強しながら経済学もガチでやっていくのは想像以上にキツいよ?僕達みたいな、学部で温い経済学しかやってこなかった奴らは尚更ね。よく考えてみて。今からTOEFLを死ぬ気で勉強する期間も考えて、何年もその生活できる?」

言われてみて「俺にそこまでの覚悟は確かに無いな」と薄っすら思ってしまった。自分の会社を終わらせたくないし、他にもやりたいことはたくさんあったし。

「とりあえずTOEFLやってみなよ。英語ですら続かないやつ、俺の周りにわんさかいるよ。そうだな、一年くらい続くやつはザラにいるけど、二年はほとんどいない


えぇ、僕は一年すら続きませんでしたよ。TOEFLムズくてつまんないから。


そして時はたち2016年。彼も博士課程をいろいろあって諦め(ガチで凹んでた)日本でデータサイエンティストになり(活躍しているようで何より)、僕は経営者の端くれとして過ごしている。

僕は最近の自分を思い返してみて、強く思います。「一年藻掻いたことはあっただろうけど、二年藻掻いたことはあっただろうか」と。


二年、重いなぁ。僕の今のキャパシティでは、二年フル回転するのは難しいみたいです。

根性とかの話ではないんですよ。二年、自分を鼓舞し、集中し、改善に改善を重ねていけるか。そういうことです。



今日からの二年で、できますかね?