読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺?CEOだよ。社員いないけど

めんどくさいことばかり考えている25歳起業家「黒なんとか」の日記。頭の整理のためにゴミを投下します。

合コン等で料理をシェアするのがめちゃくちゃ苦手問題

 

 

どうも、僕です(©くりぃむしちゅー有田)。

 

先日合コンで六本木のおシャンティな店で肉を食べてきたんですが、まぁ合コンみたいな5人以上の飲み会ってたまに料理をシェアすることになるじゃないですか。

僕あれめっちゃ苦手なんですよ


いやね、もちろん衛生上の問題とかじゃありませんよ?今回の合コンは相手がお綺麗な方たちだったんで、むしろ衛生的にはご馳走様ですという感じです(?)。

 

じゃあ何が問題なのか。わかりやすく、3点にまとめてみようと思います。

 


➀ 本気出したら自分だけバクバク食べちゃう


僕は普段から運動とかするわりに少食なんですが、それは意図的に抑えてるだけなので胃袋の限界値が低いわけではなく、美味いものだと結構バックバク食べたくなるんですよ。

でも、友達との飲み会とかならまだしも、合コンでしかも結構な値段の店ですから、同席者の負担を考えると僕だけそんなガツガツ食べるわけにも行かず。結局今回は「おいしー♡」という笑顔の女性陣の顔を「全然量たりねぇ...」と思いながら見つめていたのでした。

解決策としては、「事前に何かを食べていく」か、「いっぱい食べることを事前にアナウンスしといて同席者の男性陣に多めに払う」とかでしょうか。前者の作戦はたまに使うし今回も使ったんですが、なんか虚しくなるんですよね...「これから美味いもん食べるのに...なんで事前に空腹を満たさなきゃいけないんだ...」って。そこで後者の作戦を考えると、そもそも財政的に無理ですね。ってか高い店で成人男性が満腹まで食べたら諭吉何枚飛んでくんだよ!?


➁ 話に集中すると皿に手をつけるタイミングがない


よく明石家さんまとご飯を食べた人が「あの人はずーーーーーっと喋ってるのにちゃんと食べてんだよなぁ」と話すのをテレビで見た記憶があるんですが、あれはシェア系料理でも発揮されるんですかね。僕は友達や家族以外との食事で、集中して会話に気を配りながら大皿からさりげなくちょこちょこ自分の皿に取るのがすごく苦手です。もちろんだからと言って他人に取ってもらおうなんて考えてませんよ...?

単純に僕の中では会話をするのが1番好きだし優先事項なので、食事をどうしても犠牲にしてしまうという感じ。僕がタチが悪いのは「別に会話盛り上がったからええねん!」となるんじゃなくて「会話盛り上がったけど、結局店の料理全然食えなかったな...」という気持ちが芽生えてしまうんですねぇ...。

で、今思いついたけど、そうか!友達誘ってさっさとリベンジしに行けばいいのか!合コンの時は試食程度と割りきって、未練があるようだったら気の置けない人と行くのがいいかもしれませんねー。






あれ、おかしいな。3点書く前に解決してしまった。でも友達と行くには予算が高すぎるんだよなぁ...やっぱり解決とは言えない。とりあえずの結論としては、次からは出来るだけシェアリングが必要ない合コンをお願いしよう...自分の料理に集中できるような。