俺?CEOだよ。社員いないけど

めんどくさいことばかり考えている25歳起業家「黒なんとか」の日記。頭の整理のためにゴミを投下します。

【出会い】俺たちは結局どんな人を恋愛市場に引っ張り出したいのか

 

 

どうも、僕です(©くりぃむしちゅー有田)。

 

 

 僕の会社は大手とかぶらないように2月決算にしているのですが(そうすることで税理士等のコストを下げてる)、今絶賛追い込み中で精神的にかなり疲弊してます...もう3日くらいほぼ外出てねー気がする...

 

 

ところで先日、マッチングサービスについて某渋谷系ITで働いている先輩と、女の子が全然回ってこないクソみたいな池袋の相席屋で男2人話していたんですよ。

 


「俺たちは出会いを求めて合コンに行くけど、実際求めているのは合コンに行かなそうな女の子だよね」

 

と。これ割と真理な気がするんですけど、みなさんいかがでしょうか。本当は夜な夜な合コンでほっつき歩いている(という言い方はよくないけども)異性が理想のタイプだという人は少ないはず。


ただそんなこと言っても、現実的には社会人になったらそんな隠れキャラのような異性とは出会えないので合コンでもやらないと干上がっていく一方です。「俺、合コンとか無理だわ...」なんてカッコつけてていいのは学生までなのかな、と。


「我慢して合コンで出会いを見つける」というのがとりあえず万人に薦められる解だと思うんですけど、やっぱり将来的には色んな人が色んな形で満足の行くような出会いが得られるサービスが出来れば、そのサービスは間違いなくマッチングサービスの覇者となるだろうし、それはもう人類の次なるステージだと僕は思ってます。

 

 

ちなみに合コンマスターのその先輩の好みは「図書館の司書さん」だそうです(なんか趣味がめっちゃ童貞っぽい...)。本読まないくせに:D

 

 

図書館の司書さんとは言わないまでも、そういう落ち着いた人たちを恋愛市場に引っ張り出すにはどうすればいいんでしょうかねぇ。ではでは。