俺?CEOだよ。社員いないけど

めんどくさいことばかり考えている25歳起業家「黒なんとか」の日記。頭の整理のためにゴミを投下します。

大学時代、イケダハヤトさんの弟子に絡まれた話

 


今日の一曲

Gryffin - Heading Home Ft. Josef Salvat

soundcloud.com



どうも、僕です(©くりぃむしちゅー有田)。

 


今回はあんまりオチの無い話なんですけど、自分もブログをこうやって書くようになってブロガーの人たちの噂を色々聞いていたら「そういや、1回イケハヤさんの弟子とかいう奴に絡まれたことあったなー」と思い出したのでここに書いておこうかなと。イケハヤさんご本人にはほぼ無関係な話

 

 


大学時代、僕は運動系のサークルとゼミと並行して、討論系のサークルに属していたんですよ。と言ってもディベートみたいにカッチリした感じではなくて、週2で2テーマ、時事問題についてアレコレ語らうという緩いものだったんですが。



そんで2年前くらいにそこのトップを僕がやってたんですが、春になると新歓やるわけじゃないですか。これが意外に忙しい。なんせ同期はもうインターンとかで「それどころじゃねぇ」みたいな雰囲気だからあんま手伝ってくんないし。今みたいに「4年になったら一斉にスタート」制度無かったから、なんかみんながピリつく時期早かったんですよ。



そんな新歓のある1日。なぜか下の学年の部員が女の子が多かったこともあり、その日は新歓ブースに駐在してたのは僕以外はほとんど女の子みたいな状況だった気がします。


午前中は新入生もあんまりおらず暇なんでなんとなく過ごしていたら終わり、お昼休憩は交代で取るので僕は後輩をブースに残して友達と昼を食べに行ったんです。


で、昼食を食べてからブースに戻ったら


なんかブースの子たちのテンションがめっちゃ下がってる

 

「おいおい、どうした?まさか新入生が来なくて凹んでるのか?うちのサークルが人気無いのなんてわかりきってることだろ?」と思いつつ話しかけると、

「黒なんとか(僕です)さんがいない間に何人か新入生が話聞きに来てくれたんですけど...その1人がイケダハヤトの弟子を名乗るとんでもない男の子だったんですよーー!!」



(イケダハヤト...なんか名前は聞いたことあるな。何やってる人かはよくわからんけど。津田大介とかそこらへんのラインか?いや、炎上商法の人だった気がする)

 

と脳内に微かに存在するイケハヤさん情報を思い出しながら、後輩の訴えを聞いてました。


要約すると、ブースにイケダハヤトの弟子を名乗る新入生(インターン生とかなんとか)が颯爽と現れて「俺は凄い」オーラを出しつつブースの子たちにマシンガントークを炸裂させ、「もっと弁が立つ人はいないんですか」と獲物を探している、らしい。


活動日を教えたので、「奴はやってくるはずだろう」と。後輩たちは「部長コテンパンにやっちゃってくださいよー」みたいなテンション。僕の心中としては、


もうね、絶対に死んでも関わりたくない

 


そういう論破癖みたいなの持ってる人キモすぎて無理。会話したくない。こういう奴に限って勝つまで延々と顔真っ赤にして向かってくるだろうし。


ワタシ多様性ラブ。勝ち負けイラナイデス。


でまぁ、結局彼は現れなかったんです。その後も彼の噂は卒業まで一度も聴かず。



ってかね、一応そこそこの大学に来といてイケハヤさんを信奉してるような人には全く興味ないわけですよ。イケハヤさんを倒すとかならまだわかるけどさ。まぁ現れなくて本当に良かったという話。