俺?CEOだよ。社員いないけど

めんどくさいことばかり考えている25歳起業家「黒なんとか」の日記。頭の整理のためにゴミを投下します。

【超初心者向け】トレーニングジム初心者に教えておきたいこと【ジムガイド】

 

どうも、僕です(©くりぃむしちゅー有田)。

最近腹がやばくなってきて、またトレーニングジムに行くようになりました。昨日25歳になった僕ですが、ウェイトトレーニングとはかれこれ10年くらいの付き合いですねぇ。といっても、僕はガチマッチョ勢ではまったくなく、スポーツの補助とか健康志向でやっているのでショボいレベルをウロウロしているだけなんですが😥

こういう話をすると必ず「俺もジム行ってみたいんだけど、ガリガリ(orデブ)だからバカにされそうで行けないんだよねぇ...」という人がいます。本当に多い。そういう人には僕はすぐこう返します。

バカにされるとかありえないから!ウェルカム!ハイパーウェルカム!むしろありがとう!


...すいません、ちょっと荒ぶってしまいました。でも、本当にそうですよ。まぁ中にはバカにしてくる変な人もいるかもしれませんが、そういう人はどこにでもいる嫌な人なので無視しましょう。

とりあえず、今年こそトレーニングジムに行ってやるんだー!という人たちに向けて、超初心者向けのガイドを僕が書いてみようと思います。

俺たちのGSP兄貴
f:id:Akiokio0115:20160116184915j:plain 

 

 

トレーニングの仕方を教えてくれる人を必ず側に付けよう


僕は昔から自分はたいして鍛えてないのに、ラグビーなどをやってるマッチョ友達が多くてよく一緒にジムに行ってました。そこで色んなことを教えてもらったんです。しかし、普通は周りにそんな便利なマッチョはいない人が大半でしょう。えぇ、日本ではマッチョはまだまだ希少種族ですから。

そこで次善策としてオススメしたい人材は、会員制のジムのインストラクターです。彼らはお給料を貰ってジムに常駐してるわけですが、結構暇そうにしてるインストラクターもいるんですよ。それなのに、その横で恥ずかしそうにトレーニング器具をぎこちなくカシャカシャ動かす初心者の方がいたりする。

実にもったいない!!

ジムにお金を払って行く以上、ガンガントレーニングの仕方を教えてもらいましょう。「この器具どう使うんですか?」とかそんなくだらないことでもOKだし、トレーニングメニューや食事などの細かいアドバイスを貰うのも全然アリです。本当に初心者ほど質問するべきです。だって中級者とかになってくると自分でネットとかで調べるようになるので、質問する意味も無くなってくるんですもん。

最後に1番オススメしないのは、公共施設のジムです。安いという点は最高ですが、インストラクターが常駐しているか怪しいし、器具も古いことが多いし、初心者にとってはあまり良い環境だとは思えません。ある程度の知識があって、1人でガシガシ鍛えられる人が行くべきでしょう。

 

まずはマシン系で慣れよう!


大雑把に言ってどこのジムにも2つのエリアがあることが多いんですが、どういうエリアかというと「マシン系エリア」と「ウェイトエリア」です。

マシン系というのは、端的に言えば有酸素運動をしたり軽い重量を扱うエリアです(かなり語弊がありますが、勘弁してください...)。各部位を鍛えるためのありとあらゆるマシンがあります。例えば、二の腕を鍛えたい!というときは二の腕用のマシンがあります。

f:id:Akiokio0115:20160116193357j:plain


とりあえず最初の1〜2ヶ月くらいはこのエリアで完結してもいいんじゃないかな、と個人的には思います。まずはマシンの使い方をインストラクターの人に聞きつつマスターしていって、各部位を満遍なく鍛えていただきたい。それだけでもかなり健康体に近づいていると思います。

注意点として、ダラダラやらないこと! マシンは軽重量なので、どうしても集中しないでチョコチョコやっておしまいの人が多いです。時間もったいなくないですか??せっかくジムに来たのなら、時間を有意義に使ってもらいたいんです。インストラクターの人にアドバイスをもらいつつ、マシンで気持ちの良い疲れが出るように頑張って鍛えてください!

ウェイトエリアに関しては、かなり抵抗感のある人が多いみたいですね。「なんかあっちのエリアにマッチョの人たくさんおる...近寄らんとこ...」的な。

f:id:Akiokio0115:20160116195903j:plain

気持ちはわかるんですけど、手っ取り早く鍛えるなら圧倒的にウェイトエリアなんですよ。時間対効果がマシンとは段違いです。なので、勇気を出してチャレンジしてみてほしいです。忘れないで欲しいのは、ウェイトエリアであなたをバカにする人なんていないということです。みんな自分のトレーニングに集中してますから。安心して軽重量でトレーニングしてください。マッチョはあなたを暖かく見守ってくれることでしょう。

 

やったら迷惑なこと


最後に、「これをやると他の利用者に嫌がられる」ということを挙げておきます。

  1. 器具に座りながら休む
    これやる人結構いるんですけど、セット間で長めに休むなら1回立ちましょう。その器具を使いたい人が使えませんから。
  2. 器具を使った後に器具についた汗を拭かない
    これはもう最低限のエチケットの話です。必ず近くに拭く用のタオルとかあるので、使い終わったら拭きましょう。これマッチョとの約束な。
  3. 友達と来てワイワイガヤガヤやる
    これはマジで最悪です。こういう人たちは大概ヘラヘラ&ダラダラやっているので、邪魔で仕方ないです。友達と一緒で気が大きくなっているのかもしれませんが、大声で騒ぎながらテキトーにトレーニングするのはやめましょうね。

 

 

とまぁ、こんなとこでしょうか。ちゃんと鍛えていたら目に見えて体型が変わるのは大体3ヶ月目くらいだと思います。まず3ヶ月!!頑張ってみましょう。そのまま夏まで続けていけば、夏には...ライザップ顔負けの体になっているかもしれませんよ?

よっしゃ。今年はみんな自分史上最高のBODY(笑)目指してこうぜ!

 

追記: トレーニングには絶対に欠かせないプロテインについての記事も是非ご一読を!

akiokio0115.hatenablog.com