読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

俺?CEOだよ。社員いないけど

めんどくさいことばかり考えている25歳起業家「黒なんとか」の日記。頭の整理のためにゴミを投下します。

ブログ歴半月ちょっとの僕が、PVデータを振り返りながらブログ延いてはテキストの未来を考える

雑記


どうも、僕です(©くりぃむしちゅー有田)。

年末に突然「俺はツルツルピカピカのブロガーになるよ!」と宣言してきたハゲの友達に対抗意識がなぜか芽生えてこのブログをブチ上げ(初日のブログ→23にしてハゲ散らかした友達が突然ブロガーを目指し始めたので俺もブログ始めることにしたよ、母さん)、そのままはてなブログProに登録(あとから調べたら皆さんProにするのにはかなり慎重なようで、恥ずかしくなった)し、半月が経ちました。結果としてはこんな感じです。Pro登録は22日からですね。

 

f:id:Akiokio0115:20160105210340p:plain

f:id:Akiokio0115:20160105210407p:plain

お正月はやっぱり皆さんお暇なんですかね?全体的に、まぁ地味に伸びていってるような。今んとこハゲの友達には勝ってるっぽいので、このまま地道にやっていきます。

ところで、今はてながブログチャレンジっていうキャンペーンやってるじゃないですか。

blog.hatena.ne.jp

なんかゲームみたいで楽しいですよね。もちろん僕は初級編をまだクリアできてないんですけど、というのも最後の難関「月間PV1000達成」をこの初月(12/22~1/22)に達成できる気がしないんです...年末年始のお休み終わっちゃったから社会人の皆さんに読んでもらう機会は減るだろうしさ...ま、PVにばっかり気を取られてたらつまんないですけどね。僕が何かしらバズるとは思えないので、これからもマイペースに書きたいことをしっかり書いていこう。PVよりスターやコメント欲しいな...

 

 

テキストについて考えつつ、Google Analyticsで振り返る

今日ハゲの友達と午前中ブログについてダベっていたんですが、やはりテキスト、要するに文字媒体は若い人を中心に支持を失っているんですよね。僕が大学入った頃にLineが出現し、そのあとInstagramも出現。コミュニケーションにおいてテキストがいらない時代になってきました。

Twitterあるやん!」と思う方もいるかもしれませんが、もうTwitterを5年ほどやってる僕の肌感覚からいうと、Twitterをよく使う層は情報収集を目的とするインテリ層(インテリではないけど僕は情報収集がメイン)か、仲間でワイワイやるオタク層が多いという印象です。もう少し前は普通の人もたくさんいたような気がしましたが、生活が充実していてテキストに愛着が無い人はInstagramに流れていったと思います。未だにTwitterでキラキラ系を装ってる人いますけど、結構噴飯モノです。

で、そんな現状に対して、Lineのスタンプでさえ「使いにきーな!!!」と思うテキスト民の僕としては一抹の悲しさを感じるわけです。そういえば先日、東浩紀がこんなこと言ってました。

東さん、おれぁ10年も待てねぇよ!今すぐ反撃の狼煙をあげようや!

と威勢の良いことを言いたくなるんですが、何かいいアイデアがあるかと言われれば、そりゃあね、ないよ!ただ、1つの鍵として、テキストが支持を失ったその10〜20代にどうアプローチしていくのかということは考えていかなければいけないと思います。


正直、僕の周りでブログ読んでる人とかあんまりいないんですよ😥僕も自分で始めるまではそんなに積極的に使わなかったメディアですしね。いかに中長文をノンストレスで若者にお届けするか。僕たちテキスト派は良い文を書くことのみに専念するだけじゃ、もはや全然振り向いてもらえない。なんとか僕も振り向いてもらえるように、新しいことに挑戦していく所存でございます。英語は多少できるので、英語圏の人にアプローチしてみるなんてのも、面白そうだと思ってます。

さて、そんなことを考えていると気になってくるのが「僕のブログのお客さんのメイン層はどんな感じなんや?」ということ。Google Analyticsを見てみると、こんな感じでした。

f:id:Akiokio0115:20160105221101p:plain

f:id:Akiokio0115:20160105221118p:plain

おぉ、意外に若い!そして女性が多い(おそらくV6岡田さんについて書いた記事の影響)!やったねたえちゃん!でもまだまだデータ量が少ないので、正確さには大いに疑問ありですねぇ。

 

最後に


ハゲとのブログ会談を終え駅まで歩く道中、奴に「ブログのネタとしてハゲの悲惨さを売りにするのも難しいよな。過剰だとウザいだろうし」と言ったところ「うん、悲惨っていうか、俺モテるしね。めっちゃモテるハゲ」とか言ってました。これからも世の中を明るく照らしていって欲しいです。